ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年11月04日 18時42分 公開

東芝、VHS一体型DVDレコーダー「D-VR2」

東芝は、VHS一体型DVDレコーダー「D-VR2」を12月中旬に発売する。ダブルチューナーを搭載し、DVDとVHSに2番組を同時録画可能。DVDとVHSの録画予約画面を統一してユーザービリティを向上させた。価格はオープンプライス。

[ITmedia]

 東芝は、VHS一体型DVDレコーダー「D-VR2」を12月中旬に発売する。ダブルチューナーを搭載し、DVDとVHSに2番組を同時録画できる。価格はオープンプライス。店頭では7万円前後で販売される見込みだ。

photo 「D-VR2」。本体サイズは430(幅)×388(奥行き)×97(高さ)ミリ。重量は7キロ。Gコード対応リモコンが付属する

 DVD-R/RAM/-RW対応のマルチドライブを搭載。VHSはSQPB(S-VHS簡易再生)をサポートし、「簡単ナビ」上のダビングメニューから双方向のダビングを行える。VHSテープの録画してある時間をサーチし、DVD一枚に収まるように録画モードを自動設定する「一枚分ぴったりダビング」も搭載した。

 また、従来のVHS一体型レコーダーはVHSとDVDの録画予約画面が独立しているケースが多かったが、D-VR2では録画予約機能を統合。「録るナビ」に新たにVTRの予約機能を追加し、DVDとVHSを一つの画面で録画予約と管理が行えるようになった。

 入力端子は、S1映像×3系統、コンポジット×3系統。DV入力端子も備えている。一方の出力端子は、D1/D2×1系統、S1映像×1、コンポジット×2系統。音声出力には光デジタル出力も搭載した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.