ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年01月13日 20時54分 公開

部屋の片隅で“アイ”を叫ぶエアコン、三菱から

三菱電機は、吹き出し口の横に可動式の赤外線センサーを搭載した家庭用エアコン「霧ヶ峰 ムーブアイ」を発表した。床や壁面の温度を計測。その測定結果をもとに、温度が低い場所に向けて集中的に温風を吹き付ける。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 エアコンを使っていると、“床近くは寒いのに、天井付近だけは暑い”といった「温度ムラ」が生じることがある。人間は寒く感じるため、ついつい設定温度を上げてしまいがちだ。そこで、三菱電機の新型エアコンは、床の温度を計測する“目”を備えた。

photo

 同社が1月13日に発表した家庭用エアコン「霧ヶ峰」は、吹き出し口の横に「ムーブアイ」と呼ばれる可動式の赤外線センサーを搭載した。左右150度の範囲で動き、床や壁面の温度を計測。その測定結果をもとに、温度が低い場所に向けて集中的に温風を吹き付けるといった気流の制御を行う。

photo エアコンの目。中央から左へ約3秒で移動。5秒間停止したあと、また中央に戻って5秒間停止。これを左右で繰り返して温度を測定する。8畳から10畳程度の範囲をカバー可能

 このため、いたずらに室内温度を上げることなく、体感温度を快適なレベルに保ち、さらに電力消費を抑える効果があるという。「ムーブアイを動作させないときと比較して、同じ運転時間あたりの積算電力を約30%削減できる」(同社)。

photo 氷を使ったわかりやすいデモ。部屋の一角に氷の入ったトレイを置き、ムーブアイをオン
photo ムーブアイが取得した床の温度データ。氷のトレイを置いた部分だけが低い。ここに向けて温風が吹き出し始める

 床暖房やホットカーペットとエアコンを併用するケースも多いが、ムーブアイはその際も相性が良いらしい。「床暖房が入っていれば、人間体感温度は上がります。このとき、ムーブアイが測定した床面の温度は高く、エアコンは控えめに動作しますから、さらに余分な電力消費を抑えることができます」。

photo ムーブアイをオン/オフにしたときの消費電力比較

空気清浄機を丸ごと一台搭載

型名 定格冷房能力 価格 発売日
Zシリーズ 2.2〜7.1kW 25万2000円から 3月上旬
CSシリーズ 2.2〜5.0kW オープン 1月24日
DSシリーズ 2.2〜5.0kW オープン 3月下旬
SJシリーズ 2.2〜5.0kW オープン 2月11日

 三菱電気では、エアコンの新ラインアップすべてに「ムーブアイ」を搭載し、1月下旬から順次発売する予定だ。また、上位モデルとなる「Zシリーズ」および「CSシリーズ」には、新開発の「スーパープラズマ脱臭ユニット」と「パワフル換気ユニット」を搭載。いわば空気清浄機を丸ごと一台搭載した形で、「業界ナンバー1の脱臭力とホルムアルデヒド除去力を備えた」(同社)としている。

photo 右側の青い部分が「スーパープラズマユニット」

 スーパープラズマユニットは、新開発のナノホール導電性触媒を組み込んだ脱臭ユニット。触媒にはナノレベルの穴が無数に開いており、ユニット1つあたりの吸着面積は、「畳100畳分」に相当するという。ここに悪臭や有害ガスの分子を吸着し、プラズマ放電エネルギーを与えて分子結合を破壊する仕組みだ。

photo 中央の黒いフィルターが「ナノホール導電性触媒」。ナノレベルの穴が無数に開いており、ユニット1つあたりのニオイ吸着面積は「畳100畳分」に相当するという

 その脱臭能力は、ユニット1つあたり、なんと「炭10キロぶん」。「人間が“悪臭”と感じるニオイの約8割を構成する四大悪臭分子を30分間で約90%分解・除去できる」という。さらに、シックハウスの主要因と言われるホルムアルデヒドも、WHO(世界保健機構)や建築基準法で規定された0.08ppm以下に除去可能だとしている。

photo 発表会場に登場した「脱臭ユニット」(右)と「炭10キロ」(左)。さすがに「畳100畳」は用意できなかった模様

 「従来の空気清浄機能は、フィルターでニオイを吸着させる方法が中心だったが、その方式では吸着面が飽和してしまうと効果がなくなり、また室内のガス濃度が低いときは取りきれないことがあった。プラズマ脱臭ユニットの場合、破壊した悪臭やガスの分子を無害な物質に再合成して放出するため、吸着面が飽和することがない。メンテナンスフリーだ」。

photo 密閉した箱の中でタバコを燃やすデモ。左から「何もない状態」、従来型の「フィルター式脱臭装置」、「スーパープラズマユニット」が入っている。前の2つは布にニオイが染みつくが、プラズマユニットの場合は匂わなかった

 さらに、2004年10月の「CEATEC JAPAN 2004」で参考出展したエアコンと連携できるカメラサーバ「みまもりサーバー」をラインアップ。第2の“アイ”をオプション提供する(詳細は別記事を参照)。


 なお、「霧ヶ峰 ムーブアイ」のイメージキャラクターには、プロゴルファーの宮里藍選手を起用。「エアコンはアイ。CMもアイ。今年は、業界の中心で“アイ”を叫びます」(三菱電機)。

 座布団一枚。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.