ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年02月14日 19時45分 公開

ヤマハ、女性をターゲットにした組み立て式“防音室”

ヤマハは、リフォームなどの作業なしで室内に設置できる防音室「アビテックス ミニ」シリーズをフルモデルチェンジ。シリーズ名を「アビテックス セフィーネ」に改め、ルームタイプとボックスタイプ計48タイプを3月1日から発売する。

[ITmedia]

 ヤマハは、リフォームなどの作業なしで室内に設置できる防音室「アビテックス ミニ」シリーズをフルモデルチェンジ。シリーズ名を「アビテックス セフィーネ」に改め、ルームタイプとボックスタイプ計48タイプを3月1日から発売する。

photo ヤマハ アビテックス“セフィーネ”4.3畳タイプ

 1998年に発売したアビテックス ミニシリーズは、累計4000室以上を販売したヒット商品だが、とくに女性ユーザーを中心に“ピアノ演奏室”として使われるケースが多いという。そこで今回は、女性のニーズに合わせてデザインを変更。カラーバリエーションを豊富にしたほか、窓面積の拡大などにより居住性の向上を図った。

 まず、ドアの周囲をカラフルに彩るドアゲートを設け、ピンク/ベージュ/グリーンの3色を用意。内装壁パネルでは“柄物”を取り入れ、ホワイト/ベージュ/グリーンの3色から選択可能とした。

 従来は幅が狭いスリットタイプだったフィックス窓も大型化。横幅320ミリと従来の3倍にして採光性を向上させる。標準装備は1枚だが、部屋の広さに応じて3枚まで増設可能だ(オプション)。

photo フィックス窓も大型化

 広さでは0.5〜1.5畳のボックスタイプ、2.0〜4.3畳のルームタイプなど10タイプを、室内高は2000/2200mmの2タイプを、遮音性能は「Dr-30」「Dr-35」「Dr-40」の3タイプをそれぞれ用意し、合計48タイプとした。オプションとして、階下への遮音性能を高める厚床パネルや、室内音響を調整できる音場パネルなども用意している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.