ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年05月11日 14時04分 公開

日立、ハイビジョン対応とVHS一体型〜DVDレコーダー“Wooo”新2機種

日立製作所が、ハイビジョン録画対応HDD&DVDレコーダー“ハイ録 Wooo”「DV-DH161T」と、VHS一体型DVDレコーダー「DV-RV8500」を発表。

[ITmedia]

 日立製作所は5月11日、ハイビジョン録画対応HDD&DVDレコーダー“ハイ録 Wooo”「DV-DH161T」と、VHS一体型DVDレコーダー「DV-RV8500」を発表した。価格はオープンで、店頭での予想価格(発売時期)はDV-DH161Tが13万円前後(6月上旬発売)、DV-RV8500が5万円前後(6月中旬発売)。

photo ハイビジョン録画対応HDD&DVDレコーダー“ハイ録 Wooo”「DV-DH161T」

 DV-DH161Tは、昨年10月に発表した160GバイトHDD搭載「DV-DH160T」のマイナーチェンジ版。不要シーンをまとめて選択して一括消去できる「一括部分消去機能」を新たに搭載した。見たい録画番組をすぐに探せる「ディスクナビゲーション機能」や見たいシーンを探すときに便利な「タイムナビ機能」など主な機能は従来モデルと同じ。

 日立グローバルストレージテクノロジーズ製HDDと、日立エルジーデータストレージ製DVD Multiドライブを搭載。DVD-RAMは5倍速、DVD-RWは4倍速、DVD-Rは8倍速録画・再生に対応する。DVD+R/RWの再生も可能。コピーワンス放送のムーブに対応した。

photo VHS一体型DVDレコーダー「DV-RV8500」

 DV-RV8500は、VHSビデオデッキとDVDスーパーマルチドライブを搭載。DVD-RAM/-R/-RW、VHSテープの録画再生に加えて、+R/RWの記録再生にも対応するなど、メディアの種類を気にせずに使用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.