ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年06月06日 19時24分 公開

色々なものをスピーカーにしてしまう「SounD BuLL」〜JTT

日本トラストテクノロジー(JTT)は触れたものを振動させて音を出す振動スピーカー「SounD BuLL」を発表した。iPodなどのポータブルオーディオ機器やPCに接続し、空き箱や机の天版などに設置すれば音楽が流れ出す。

[ITmedia]

 日本トラストテクノロジー(JTT)は6月3日、触れたものを振動させて音を出す振動スピーカー「SounD BuLL」を発表した。iPodなどのポータブルオーディオ機器やPCに接続し、空き箱や机の天版などに設置すれば音楽が流れ出す。6月15日発売予定で、価格はオープン。店頭予想価格は6980円。

photo iPodにマッチするシンプルデザイン。中央の丸い部分が振動スピーカー(左)。スピーカーを対象物に向けて設置する
photo ジャックをさすと緑のLEDが店頭する

 手のひらサイズのコンパクトなボディは、iPodなどにマッチするホワイト。デジタルアンプを内蔵しており、付属のステレオケーブルでプレーヤーのイヤホンジャックに接続するだけで、丸い部分と接した部分が振動して対象物から音が出る仕組みだ。もちろん、素材によって音量や音質が変化するため「いろいろと試してみてください」(同社)。ちなみに最適なのは「空箱やスチレンボード(発泡スチロールの板)、薄い板が張ってある物など」。

 本体サイズは105(幅)×60(奥行き)×20(厚さ)ミリ・重量は80グラム。パッケージには50センチのステレオケーブルが付属する。単三乾電池×2本で48時間以上の連続駆動が可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.