ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年06月08日 17時12分 公開

東芝、“斜めに強い”IPSパネル液晶テレビに42V/20V型を追加

東芝は液晶テレビ“液晶 beautiful face”LC100シリーズに42V型の「42LC100」と20V型「20LC100」を追加、7月上旬から販売する。両モデルとも視野角の広いIPSパネルを搭載する

[ITmedia]

 東芝は、同社の液晶テレビ“液晶 beautiful face”LC100シリーズに42V型の「42LC100」と20V型「20LC100」を追加、7月上旬から販売する。価格はオープンだが、実売想定価格は42LC100が53万円前後、20LC100が17万円前後。

photo 42LC100。オンキヨーと共同開発した「ジェットスリットスピーカー」を液晶下部に備える

 新製品はいずれもIPS(In-Plane Switching:横電界)パネルを搭載した。IPSパネルは電圧がかかると液晶分子が基板と平行に回転するため、斜めや横などからのぞき込むように見た場合でも、見る方向による色調変化が少ないという特徴を持つ。新製品の視野角は、業界トップクラス(同社)という上下左右178度。

photo 20LC100

 映像処理システムには、同社が“デジタル新頭脳”と呼ぶ「メタブレイン」を搭載し高画質化を進めたほか、デジタル放送のノイズを低減するMPEGノイズリダクションも備えている。同社製HDDレコーダーにLAN接続することで、デジタル放送の録画予約を簡単に行える「テレビdeナビ」も搭載している。

 両モデルともにアスペクト比は16:9で、パネルの解像度は1366×768でハイビジョン放送にも対応する。地上アナログ/デジタル、BSデジタル、110度CSデジタルに対応するチューナーを備える。サイズは42LC100が104.4(幅)×10.8(奥行き)×70.7(高さ)センチ、20LC100が53.8(幅)×9.2(奥行き)×39.6(高さ)センチ(本体のみ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.