ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年10月25日 20時58分 公開

三洋電機、分岐水栓のいらない食器洗い乾燥機を発売

三洋電機は食器洗い乾燥機「DW-STB100」を11月下旬に発売する。付属の「給水ソケット」を蛇口に付けるだけの「ダイレクトイン給水方式」を採用。分岐水栓工事を不要にした。

[ITmedia]

 三洋電機は10月25日、食器洗い乾燥機“みんなの食洗”「DW-STB100」を発表した。付属の「給水ソケット」を蛇口に付けるだけの「ダイレクトイン給水方式」を採用。分岐水栓工事を不要にした。11月21日に発売する予定で価格は8万9250円。

photo “みんなの食洗”「DW-STB100」。給水ソケット(右)はレバー操作で食器洗い乾燥機用、シンクの水作業用に切り替え可能

 本体内に2つの貯水タンクを装備しており、洗浄に必要な水を1回で給水できる。このため給水/止水用の弁が不要になり、分岐水栓のいらない食洗機が実現したという。貯水タンクが満水になるとランプが点滅し、同時にブザーが鳴る仕組み。あとの操作はほかの食洗機と変わらない。

photo ヒーター内蔵の本体庫内タンクと貯水タンクを内蔵する

 使用水量は1回あたり9リットル。1度に5人分(食器点数は32点)食器を洗浄できるほか、食器が少ないときは41センチまでの“まな板”、直径26センチ以下のフライパンや鍋も収納可能だ。このほか、食器が少ないときに水量を抑えて洗浄する「1〜2人用コース」、約80度の温水ですすぐ「高温除菌コース」などを搭載した。

 外形寸法は、500(幅)×347(奥行き)×590(高さ)ミリ。重量は約20キロ。本体カラーはシルバーのみ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.