ITmedia NEWS >
速報
» 2005年10月26日 13時02分 公開

ライブドア無線LAN、正式サービスまた延期

「livedoor Wireless」の正式サービスが2度目の延期。アクセスポイント設置工事が遅れているためという。

[ITmedia]

 ライブドアはこのほど、公衆無線LANサービス「livedoor Wireless」の正式サービス開始予定日を、11月1日から12月1日に延期した。工事の遅れが原因としている。延期は2度目で、当初発表時は10月1日に始める予定だった。

 正式サービスまでに山手線圏内2200カ所にアクセスポイント(AP)を設置する計画だったが、これまでに開通したAPは1000カ所弱。工事が完了し、開通待ちのAPは1400カ所を超えたというものの、10月末時点で利用可能なAPは1200カ所にとどまる見込み。「ユーザーの期待に沿う条件を満たしていない」(同社)ため延期を決めた。

 無料接続試験サービスをすでに申し込んだユーザーは、11月30日まで無料で利用を継続でき、11月中に解約しても課金されない。初期費用無料キャンペーンも12月末まで延長する。

 アクセスポイント敷設計画はWebサイトで公開中。山手線圏内2200カ所の設置が終わり次第、東京23区内に、電柱を使って4000カ所のAPを設置。自動販売機を利用し、さらに数千カ所に設置する計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.