ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年11月18日 14時12分 公開

考える靴「アディダス・ワン」が進化

アディダス ジャパンはコンピュータ内蔵シューズ「adidas_1」の新バージョン「adidas_1_intelligent level 1.1」を11月25日より販売開始する。新プログラムや強化されたモーターによって、より快適なランニングを提供する。

[ITmedia]

 アディダス ジャパンはコンピュータ内蔵シューズ「adidas_1」(アディダス・ワン)の新バージョン「adidas_1_intelligent level 1.1」を11月25日より販売開始すると発表した。価格は3万4965円。

photo adidas_1_intelligent level 1.1(ブラック×メタリックシルバー×ユニバーシティレッド)

 2005年3月に販売開始された「adidas_1」は搭載されたセンサーで利用者の体重や走行スピード、路面コンディションなどを感知、マイクロプロセッサで計算し、内蔵されている超小型モーターでリアルタイムに最適なクッション性を作り出すインテリジェントシューズ。

photo かかとにマイクロプロセッサと実際にクッション調整を行う超小型モーターが搭載されている

 新製品はマイクロプロセッサのプログラムをアップグレード、利用状況の検知と判断を高速化したほか、実際にクッション性を作り出すモーターも1.5倍のパワーを持つ新型となり、よりクッション性のコントロールを迅速に行えるようになった。また、クッションの硬軟度幅がより拡大され、中足部やかかとへかかる着地時の衝撃も軽減されている。

 カラーバリエーションも、従来のパール×メタリックゴールド×メタリックシルバーに加えて、メタリックシルバー×ランニングホワイト×エレクトリシティとブラック×メタリックシルバー×ユニバーシティレッドの2色が追加された。

photo パール×メタリックゴールド×メタリックシルバー(左)とメタリックシルバー×ランニングホワイト×エレクトリシティ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.