ITmedia NEWS >
連載
» 2005年11月24日 21時00分 公開

今日から始めるデジカメ撮影術:第36回 年賀状と構図と背景の関係 (3/3)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

親子でハガキいっぱいを使うフルスクリーンショット

 最後に家族写真。やはり年賀状に家族写真は基本だ。今回の作例は母子だけだけど、基本は同じ。「年賀状の一部に使うときは大きく撮る」だ。

photo 普通に目線の高さで撮るとこんな感じになる。まぶしくないように太陽を背にしてフラッシュを焚いて撮影

 家族写真の基本は三脚を使ってセルフタイマーだけど、いちいち大きな三脚を持って行くのも大変。お薦めはテーブル三脚やミニ三脚という小型のもの。ミニ三脚だと高さが20センチくらいしかないけど、今回のような青空をバックに撮るときはかえって都合がいいのだ。芝生にしゃがめばミニ三脚でちょうどいい感じになる。

photo ミニ三脚にカメラを縦位置にセットして横から日差しがあたるようにして撮影した。

 これだと上の方に青空が広がって、公園に遊びに来て芝生にしゃがんで撮ったという感じが出てくれる。

 立った姿の場合はこんな風になる。

photo 立った姿を横位置で撮影
photo 立った姿を縦位置で撮影

 こういう角度なら、仮にミニ三脚がなくても、バッグや上着や公園におちてた石など手近なものを使ってうまくカメラを固定してやればセルフタイマー撮影が可能だ。手近なものを上手に使ってみよう。

 ズームを使えばもっと寄った写真も撮れる。

photo ズームを使って横位置で撮影
photo ズームを使って縦位置で撮影

 旅行に行ったときや七五三などちょっとしたイベントの写真があればいいけれども、「家族で写ってる写真がない」とか「いい写真がない」って時は、このように身近な公園や神社へ行ってちょっと撮ってみよう。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.