ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年02月06日 17時23分 公開

±0、角形電気ジャーポットを青山本店で先行発売

デザイン家電を手がけるプラスマイナスゼロは、新製品の電気ジャーポット「Hot Water Dispenser」を2月16日の午前11時より「±0 青山本店」で先行販売する。

[ITmedia]

 デザイン家電を手がけるプラスマイナスゼロは、新製品の電気ジャーポット「Hot Water Dispenser」を2月16日の午前11時より「±0 青山本店」限定で先行販売する。

photo 「Hot Water Dispenser」はホワイトとブラックの2色。青山本店では、既に先行展示を行っている

 「Hot Water Dispenser」は、珍しい角形の電気ジャーポットだ。容量は2.2リットルで、水を沸騰させた後は自動的に保温に切り替わり、85度をキープ。このほか、カルキ抜き機能、空焚き防止機能、再沸騰機能などがある。外形寸法は、216(幅)×248(奥行き)×241(高さ)ミリ。重量は2.6キロ(タンクが空のとき)。価格は各1万5750円。

 なお、直営店で同製品を購入すると、先着500人にオリジナルコースターがプレゼントされる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.