ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年02月07日 17時54分 公開

シャープ、センター試験対策コンテンツ搭載の高校生向け電子辞書

シャープは電子辞書“Papyrus”の新製品「PW-V9500」を発売する。センター試験のリスニング試験対策コンテンツを搭載するほか、高校生の学習に必要な辞書・コンテンツをバランスよく備えた。

[ITmedia]

 シャープは2月7日、電子辞書“Papyrus”の新製品「PW-V9500」を2月24日より販売開始すると発表した。価格は5万2500円。

photo PW-V9500

 新製品は大学入試センター試験のリスニング試験対策コンテンツ「英語リスニング対策 スタート編」と「傾向と対策 英語リスニング」を収録した高校生向け電子辞書。収録している英単語と例文を合成音声で読み上げる「TTS(Text-to-Speech)」機能も備えた。

 用意された設問に答えていくだけで英検何級レベルかを判断できる「英検語彙力判定テスト機能」を電子辞書ととしては始めて搭載したほか、実際にスペルを入力するテストを行う「山口英文法講義 問題演習」なども収録している。

 国語・英和辞書としては「広辞苑」「新明解国語辞典」「ジーニアス英和辞典」「ベーシックジーニアス英和辞典」の各2つを収録。そのほかにも、「オックスフォード英英辞典」「生物辞典」「化学小辞典」「物理小辞典」「日本史事典」「世界史事典」など高校生の学習に必要なコンテンツがバランスよく収録されている。

 液晶サイズは5.4インチで、最大で32文字×18行 (9ドット時)の表示が可能。本体サイズは141(幅)×107(奥行き)×14.9(厚さ 最薄部)ミリ、約272グラム。SDカードスロットを利用してのコンテンツ追加も可能なほか、SDメモリーカードに収録されたMP3を再生する機能も備えており、リスニング学習ツールとしても利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.