ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年02月15日 18時09分 公開

SII、“4つの業界初”搭載の英語学習用電子辞書「SR-E8500」

セイコーインスツルはオックスフォード英和大辞典の見出し言音声データの収録など、“4つの業界初”を備えた電子辞書「SR-E8500」を発売する。実売想定価格は5万6700円。

[ITmedia]

 セイコーインスツルは2月15日、英語学習に適した機能やコンテンツを収録した電子辞書「SR-E8500」を3月中旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は5万6700円。

photo SR-E8500

 新製品は業界で初めてジーニアス英和大辞典の見出し語(約2万8000語)の音声データを収録したほか、TOFELテスト(単語約500語、熟語約200語、例文訳700文)やTOEICテスト(単語約1600語、熟語約90語、例文訳1600文)にもネイティブ発音のデータを収録、リスニング学習に活用できる。

 英語系辞書を13冊、日本語系辞書を7冊収録した(英語学習書も4冊収録しており、合計は21冊)。英語系辞書として「ジーニアス英和大辞典」のほか「オックスフォード現代英英辞典」(第7版)「オックスフォード英英活用辞典」「オックスフォード連語辞典」のほか、「和英表現辞典」「オックスフォード英米文化ガイド」なども収録した。

 「オックスフォード現代英英辞典」と「オックスフォード英英活用辞典」「和英表現辞典」は電子辞書としては初の収録で、ジーニアス英和大辞典の見出し音声データ収録とあわせて、同社では「4つの業界初を収録した電子辞書」としている。

 入力キーは同社独自の「カイテキー」が搭載されており、コンテンツカード「シルカカード」によるコンテンツ追加も可能となっている。起動時間の高速化も図られ、カード使用時でも約1秒で各コンテンツが使用可能な状態になるほか、複数辞書一括検索や例文一括検索、成句一括検索などの検索機能も充実している。

 本体サイズは141.5(幅)×95.4(奥行き)×23(厚さ)ミリ、約240グラム。液晶の解像度は320×240ピクセルで、最大26文字×17行の表示が可能だ(12ドット表示時)。液晶にはLEDバックライトも備えられており、飛行機内やレストランなどでも快適に利用できる。

 同時に「ロングマン現代英英辞典 4訂新版」「ロングマンワードワイズ英英辞典」「ロングマン新英語表現辞典」を収録した“シルカカード・レッド”「DC-A018」と「180万語対訳大辞典 英和・和英」(日外アソシエーツ)を収録した「DC-A013」も発表された。価格はいずれもオープン。

photo DC-A103とDC-A108。オックスフォードを収録した「SR-E8500」をDC-A018を組み合わせれば、「オックスフォード」と「ロングマン」の各英英辞書を同時に利用するといった使い方も可能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.