ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年06月12日 15時12分 公開

ウォークマンとアートが銀座でコラボ

東京銀座のソニービルでは、ウォークマンによる音の演出とアートを一体化した“架空の本屋”「“WALKMAN”×digmeout BOOKSTORE」の展示が開始された。週末にはライブペインティングショーも行われる。

[ITmedia]

 東京・銀座のソニービルでは、アートとウォークマンによる音の演出を一体化し、“架空のブックストア”とした展示が開始されている。初日の6月12日にはライブペインティングデュオ「DOPPLE」が原色も鮮やかに創作している様子が公開され、道行く人の関心を集めていた。

photo 一瞬本当の書店かと思うようなブース。ブースの制作は大阪のデザイン集団「graf」が担当
photophoto 道行く人も注目(左)、黙々と作品を作り出していく「DOPPLE」のふたり(右)

 これはソニーとFM802(大阪府)が2005年から行っている新人アーティスト発掘プロジェクト「You are the NEXT! Project」の一環。以前にもこのプロジェクトのアート部門「digmeout」とソニースタイルが協力し、ウォークマン“digmeout”モデルを限定発売したこともある(関連記事)

 ブースには新型ウォークマンの発売にあわせて限定制作された、「digmeout 06」(プロジェクトのアートブック最新刊)の“ウォークマンスペシャルバージョン”がずらりと展示されており、あたかもブックストアのような雰囲気を醸し出している。ブース内ではDDPPLEの作品も収録されたdigmeoutの最新号が自由に閲覧できるほか、digmeoutの小冊子もプレゼントされる。

photo この人物は、……ジーコ?

 6月17日/18日と24日/25日には同じくdigmeoutに作品が収録されている「CHO-CHAN」のライブペイティングショーもこのブースで行われる予定。ブースの設置は6月25日まで、入場料は無料。

photo 左がdigmeout 06のウォークマンスペシャルバージョン、右が通常版
photo 配布されている小冊子「digmeout 6.5」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.