ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年07月04日 11時31分 公開

BLUEDOT、韓国Digital Cubeのポータブルプレーヤーを国内展開

BLUEDOTは、韓国Digital Cubeのポータブル・マルチメディアプレーヤー「BMP-1430」を7月10日に発売する。タッチパネル付き液晶ディスプレイを搭載し、プログラムの追加などカスタマイズも可能だ。

[ITmedia]

 BLUEDOTは7月4日、韓国Digital Cubeを戦略的パートナーとしてポータブル・マルチメディアプレーヤー市場に参入すると発表した。第1弾製品として、タッチパネル付きの4.3型液晶を搭載した「BMP-1430」を7月10日に発売する。価格はオープン。店頭では7万円前後になる見込みだ。

photo 「BMP-1430」。ワイヤーリモコンはオプション

 480×272ピクセル/約1600万色表示対応のタッチパネル付き液晶ディスプレイを搭載したマルチメディアプレーヤー。30Gバイトの内蔵HDDにMPEGやWMVなどの動画やMP3音楽などを保存して持ち歩くことができる。FMラジオやテキストビューアー、手書きメモ、カレンダー電卓、アラームといった機能も備えた。OSにはLinuxを採用しており、対応プログラムの追加や、ユーザー・インタフェースの一部変更などのカスタマイズにも対応する。

 対応フォーマットは、動画がMPEG-1/-2/-4、WMV7/8/9、XviD。DivXにも後日対応する予定だ。オーディオはMP3、WMA、OGG、AC3、WAV、FLAC。静止画はJPEG、BMP、PNG。付属のバッテリーパックを使い、動画再生時で約7時間、音楽再生時で約10時間の連続駆動が可能だという。

 外形寸法は、約133(幅)×79(奥行き)×25.5(高さ)ミリ。重量は約320グラム。PCとの接続にはUSB2.0を使用する。

 パッケージには、ACアダプタ、バッテリー、USBケーブル、ソフトポーチ、ステレオイヤフォン、ハンドストラップ、LCDクリーナー、AVケーブルなどが付属する。また、ワイヤーリモコンや充電用クレードルをオプションとして販売する予定だ。

 製造元のDigital Cubeは、韓国ポータブル・マルチメディア・プレーヤー市場で6割以上のシェアを持つという大手メーカー。両社は今後、ノウハウを共有しつつ、ユーザーおよび市場拡大に務めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.