ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年07月13日 16時27分 公開

ソニー、HDMIやHDV1080iも搭載した“3in1”スゴ録

デジタルチューナー搭載の3in1タイプ。HDMIやハイビジョンハンディカム対応のHDV1080i/DV入力端子も装備

[ITmedia]
photo RDZ-D60V

  ソニーは7月13日、3in1タイプのデジタルレコーダー“スゴ録”「RDZ-D60V」を8月18日より販売開始すると発表した。価格はオオープンで、実売想定価格は13万円前後。

 新製品は250GバイトのHDDを搭載した、DVD/HDD/VHS一体型レコーダー。3波対応デジタルチューナーを備えており、ハイビジョン録画が楽しめる(ハイビジョン画質での録画/再生はHDDのみ)。

 DVD/HDD/VHSの各メディア間で双方向ダビングが行えるほか、コピーワンス番組のDVD-R/RW書き出し(ムーブ)も可能。DVD+RW/+R/-RAMからのダビングには対応しないほか、ハイビジョンハンディカムで撮影した映像など、HDDにハイビジョン画質(DRモード)で収納されているコンテンツについては、SD画質へダウンコンバートした上でDVD/VHSへダビング可能。

 HDMI(バージョン1.1)を備えており、DVDやVHSの映像をアップスケーリングして出力することが可能になっているほか、ハイビジョンハンディカム(HDR-FX1/HC1/HC3)に対応したHDV1080i/DV入力端子を備えており、撮影した画質そのままで取り込むことが可能。

 電源OFF時から約1秒でEPGや予約リストを表示する「高速起動モード」を備えるほか、約1.5倍で音声付き再生する「音声付き早見」や、3次元ノイズリダクション/モスキートノイズリダクション/ブロックノイズリダクションといった高画質化機能も備える。

 記録可能なDVDはDVD-R/RW、DVD-R DL。再生可能なDVDメディアはDVD±R/RW、DVD-R DL、DVD-RAM。音楽CDやCD-R/RW、ビデオCD、Dual Discの再生も可能。インタフェースにはHDMI、D4、コンポジット(出力×2、入力×1)、Sビデオ(出力×2、入力×1)、i.Link(HDV1080i/DV)などを備える。サイズは430(幅)×95(高さ)×355(奥行き)ミリ、約7キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.