ITmedia NEWS >
連載
» 2006年07月20日 05時00分 公開

今日から始めるデジカメ撮影術:第53回 川遊びと水着の関係 (2/3)

[荻窪圭,ITmedia]

顔を明るくさわやかに撮ろう

 でもやはりレジャーにレフ板を持って行くのはちょっと怪しげ。そこで小道具なしでいろいろ撮ってみよう。

 ポイントは、いかに明るく顔や身体を写すか。一番簡単なのはフラッシュを焚いちゃうこと。

photo こちらはフラッシュ無し
photo こちらはフラッシュあり

 屋外でのフラッシュは上手に使うと手前の人物だけを適度に明るくしてくれる。外光とフラッシュのミックスになるわけだ。カメラによってフラッシュの発光量が違うのでうまくいく保証はないが、やってみる価値はある。

 もうひとつはちょっと上から撮ること。炎天下では日差しが強すぎて大変だが、薄曇りくらいなら上を向いてもらうことで顔に光があたる。

photo こんな感じで、ちょっと明るく写ってるし、背景が川ってのもよく分かる
photo さらにフラッシュを焚いてみた

 結構違うでしょ。この辺は自分のカメラでいろいろ発光モードや発光量なんかをテストしてみていい感じに写る設定を決めるのがよい。

 明るく撮るにはプラスの露出補正をするという手もあるけど、そうすると背景も一緒に明るくなっちゃう。今回は「大自然に来ました」って背景を生かしたかったのでフラッシュにしたわけである。

 さらにポーズに気をつけてみよう。

photo 例えばこんなポーズ。フラッシュ無しだと身体が影になっちゃう
photo フラッシュを焚けば正面から光が当たるのである程度全体に明るく撮れる

 今回はせっかく川に来たんだから大自然を上手に風景に入れたい。でもくつろぐときは普通足を川の方に向ける。

photo

 そうすると背景がちょっと寂しい。

 じゃあってんで、斜め後ろから撮ってみた。

photo

 こんな風に肩越しに撮るというのも手だ。川に向かって足を伸ばしてくつろいでる写真ってのが分かる。

 最後は大自然と一緒に。

photo

 水着を撮る、ってなるとどうしても人物ばかり中心に置きたくなるもの。キモチは分かるけれども、時にはわざと構図をずらして撮ってみるのもよいかと思う。

 水着のある風景って写真でした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.