ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年07月20日 18時49分 公開

iPodの充電も可能、ビデオiPod鑑賞用車載キット

ブライトンネット製。映像対応車載用トランスミッターユニットとiPod充電器のセット。iPodのバッテリー切れを心配することなく利用できる。

[ITmedia]
photo 「AV Transmitter for iPod」の装着例

 ブライトンネットは7月20日、車内でiPodの動画を楽しむためのAVキット「AV Transmitter for iPod」(BI-AVP)を7月26日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は1万4800円。

 このキットは映像送信も可能な車載用トランスミッターユニット「TV Channel Transmitter」(BI-TVTM)(関連記事)と車載用iPod充電器「BI-CARAV/BK」を組み合わせたもの。iPodとトランスミッターを接続、音声と映像を電波に変換して送信することで、カーテレビやカーナビでiPodの映像が楽しめる。

 車載用トランスミッターユニット「TV Channel Transmitter」(BI-TVTM)は単品でも販売されるが、iPod用の車載充電器がセットされており、バッテリー残量を気にすることなく楽しめる。映像/音声の送信には電波を利用するため、外部入力端子を備えないカーテレビ/カーナビでも利用できるのもポイントだ。

 エンジンを停止した際、自動的にiPodの電源がOFFになる自動停止機能も備えており、降車時にiPodの電源を落とす手間も省かれている。BI-TVTMのサイズは30(高さ)×80(幅)×60(奥行き)ミリ、160グラム。

photo トランスミッターユニットは小型なので、座席の下などに配置することもできる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.