ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年08月25日 16時54分 公開

ヤマハ、“歌声”再現にこだわった高級Hi-Fiスピーカー「Soavo-1」 (2/2)

[西坂真人,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Hi-Fiだけでなくマルチチャンネルにも

 Soavo-1は、同社が久しぶりにリリースする高級Hi-Fiオーディオ向けスピーカーだが、やはり同社らしくマルチチャンネルの提案も忘れていない。同日発表として、Soavo-1との組み合わせでマルチチャンネルオーディオに対応できるスピーカーシステム「Soavo-900M」(ブックシェルフ、7万8750円)「Soavo-900C」(センター、8万4000円)「Soavo-900SW」(サブウーファーシステム、18万9000円)をリリースした。いずれも10月中旬から発売する。

photo マルチチャンネルのリアに使えるブックシェルフ型「Soavo-900M」
photo センタースピーカー「Soavo-900C」
photo 久しぶりのハイエンド向けサブウーファーシステム新製品「Soavo-900SW」

「歌声」の最終チューニングはアン・サリー

 「美しい声を聴きたい、生の音のリアリティを再現したいという設計者の意図が込められている」と語るのは、Soavo-1を開発した同社AV事業部 商品開発部 ハードウェア開発グループの飛世真博氏だ。

 「特に意識したのは、歌声の表現力。音作りの最終段階では、アン・サリーさんのCD(Brand-New Orleans)を使いました」(飛世氏)

 アン・サリーさんは歌手のほかに心臓内科医・1児の母という顔を持つ注目のアーティスト。はかなげな高音としなやかな中低音のボーカルが魅力だ。Soavo-1の発表会場には、このアン・サリーさんが応援に駆けつけた。

photo はかなげな高音としなやかな中低音のボーカルが魅力のアン・サリーさん

 「私はCDを作るときに生の音、声をそのまま封じ込めたいと思っている。そんなところが、Soavoにも通じるところがありますね。(自分のCDで最終の音作りを行ったと聞いて)そんな思いをCDの音を通じて感じてくれたのでしょうか。うれしいです」(アン・サリーさん)

photo 発表会では、アン・サリーさんのミニライブも行われた
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.