ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年11月27日 13時01分 公開

“本物志向”の真空管アンプ内蔵iPodスピーカー

ロックリッジサウンドジャパンは、片チャンネルに3本の真空管を使用するiPod用スピーカー「VTS-384」を2007年2月に発売する。前段、出力段(パワー段)すべてが真空管の“フルアナログ”構成だ。

[ITmedia]
photo 製品にはスピーカー保護グリルおよび真空管保護カバーが付属する(写真は取り外した状態)

 ロックリッジサウンドジャパンは11月27日、本格的な真空管アンプを内蔵したiPod用スピーカー「VTS-384」を発表した。2007年2月から加賀ハイテックを通じて発売する予定。価格はオープンプライスだが、店頭では7〜8万円になる見込みだ。

 片チャンネルに3本の真空管を使用。前段、出力段(パワー段)すべてが真空管の“フルアナログ”構成としたことで、既存のiPod用真空管アンプに比べて最大出力と低域の再現能力がレベルアップしているという。「真空管を1本または各チャンネル1本の真空管アンプでは、最も音質に影響するパワー段をICアンプで増幅しているため、結果的に真空管アンプの特徴である“周波数レンジの広さ”“解像度の高さ”を生かしきれずにいた」(同社)。

 ドライバーも新設計。振動板には軽量なコーンを使用し、強力なネオジウムマグネットと組み合わせ、真空管独特の“余韻”や“響き”を引き出すという。定格出力は4ワット。再生周波数特性は10Hz〜100KHz(+0dB、ー5dB)。キャビネットには硬質なMDF材を採用している。

 iPodは天板のDockコネクタに接続するスタイルで、付属のリモコンを使ってiPodの全操作が可能だ。また、背面に外部入力端子とUSB端子を装備しており、PCやほかのプレーヤーの接続にも対応。レコードプレーヤーも使用できるが、その際は別途プリアンプを用意する必要がある。

 外形寸法は338(幅)×233(高さ)×262(奥行き)ミリ。フロントパネルは5ミリ厚のアルミニウムをヘアライン加工したもので、ボリュームおよびセレクターのノブはアルミ無垢材から削り出し。天版はステンレスの鏡面仕上げという贅沢な仕様だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.