ITmedia NEWS >
レビュー
» 2006年12月01日 14時17分 公開

レビュー:完成度高めた多機能ワンセグ端末――「gigabeat V30E」 (3/3)

[渡邊宏,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

大幅に強化された録画機能

 本製品の最大の特徴、ワンセグ放送の録画機能についてみてみよう。V30Tでは放送中の番組を録画するか、開始/終了時間をタイマー予約するだけの機能しか持たなかったが、本製品ではようやく、EPG(番組ガイド)を利用した録画が可能となった。

photophoto 「番組ガイド」を表示させ、任意の番組を選択すると「タイマー予約」画面に切り替わる

 放送を受信している状態で十字キーを左右に動かして「番組ガイド」を表示させ、そこから任意の番組を選択して十字キーを押し込めば予約が行われる。予約設定画面では放送局、開始/終了時間を任意に変更させるほか、「日付」の部分は「毎週○曜日」と設定もできるので、ドラマなどの録画にも便利に扱える。

 「EPGを利用した〜」と書いたが、厳密には一般的な意味でのEPG予約録画機能ではない。正確には、番組表からのタイマー予約が可能になったというべき実装がなされており、「任意の時間に任意の局を受信し、視聴する」といった使い方(タイマー視聴)もできる。なお、視聴中に「ワンセグ」ボタンを押せば、「クイックメニュー」が現れ、その時点からの録画をスタートさせることも可能だ。

photophoto タイマー「視聴」も可能(左)、視聴中の番組を「クイックメニュー」から録画することもできる(右)

 局の異なる複数の番組を録画予約(最大16件)することもできるが、チューナーは1つしか搭載していないので、時間帯の重複する番組の予約は行えない。ある番組の視聴中に予約録画がスタートする場合は予約が優先される。

 録画した番組を視聴するには、メインメニューから「ワンセグ」――「ワンセグメニュー」――「録画番組再生」と選択する。「ワンセグメニュー」はワンセグの視聴中に「戻る」ボタンを2回押しても呼び出せる。なお、録画はストリーム録画なので、画質は放送時のものと変わらない。

 録画番組の再生中は上側面のボタンで早送り/早戻し、再生/一時停止が行えるほか、十字キーの左右でプログレスバーを操作することもできる。レジューム再生も可能なので、録画した番組を通勤電車の中で見る、といった使い方も現実的だ。ちなみに、録画した番組をPCへムーブ/コピーさせることはできず、HDD容量が少なくなってきたら番組を消去するしかない。

 このほか、ミュージックプレーヤーや画像/動画ビューワーといった部分はV30Tとほとんど変わらない。異なるのは、他の機能を利用していても「ワンセグ」ボタンを押すと即座にワンセグ視聴モードに切り替わることだ。V30Tを試用した際にも、ワンセグ機能へのコミットを感じたが、本製品ではさらに押し進められた印象だ。

photophoto ミュージックプレーヤー(左)、画像ビューワー(右)

 とはいえ、ナップスターの「Napster To Go」にも対応しており、単なる「ワンセグ端末」に収まらない魅力を秘めていることも確か。操作がモロにWindows(OSがWindows PCMなので当たり前といえば当たり前だが)なのは賛否が分かれるところかもしれないが、多機能ワンセグ端末としては完成度の高さを感じる製品だ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.