ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年12月08日 18時08分 公開

ケンウッド、フロントパネルにAUX端子を搭載したカーオーディオ

ケンウッドは、カーオーディオの2007年モデルとして、「シリーズE」を12月下旬に発売する。

[ITmedia]

 ケンウッドは12月8日、カーオーディオの2007年モデルとして、「シリーズE」を発表した。MP3/WMA対応CDレシーバー「E323S」など3機種をラインアップし、12月下旬に発売する予定だ。

型番 概要 価格 発売時期
E323S MP3/WMA対応CDレシーバー 1万7850円 12月下旬
E222 CDレシーバー、ブラック 1万4700円 12月下旬
E222S CDレシーバー、シルバー 1万4700円 12月下旬
photo 上から「E323S」「E222」「E222S」。いずれも大型FLディスプレイを搭載。ボリュームキーと操作キーには高輝度のリング照明を採用している

 いずれも1DINサイズで、ポータブルオーディオ機器を接続するためのAUX端子を前面に備えている。ステレオミニプラグでポータブル機器を接続することにより、普段持ち歩いている楽曲を車内でも楽しめる。

 また上位モデル「E323S」では、iPodインタフェースユニット「KCA-iP501」(1万500円)を接続してセンターユニットからiPodを操作可能。MP3やWMAの再生では、独自技術「Supreme」(サプリーム)により、圧縮時にカットされる高音域部分(14〜16KHz)を推定して自然な形で補完するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.