ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年01月09日 17時57分 公開

International CES:日立、42型フルHDプラズマを6月に北米で発売?

日立ブースでは、ほぼ製品に近い形の42V型フルHDプラズマテレビをみることができた。一方、Blu-ray関係では思わず目を見張る参考展示が。こ、これは……。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 「2007 International CES」の日立ブースでは、42V型フルHDプラズマテレビをみることができる。パナソニックも同サイズのフルHDプラズマテレビを参考出展しているが、日立はより製品に近い形だ。

photophoto 42V型フルHDプラズマテレビ(右)。電動スイーベルを搭載する

 詳細なスペックは明らかにされていないが、説明員によると「PictureMaster HD IV」ビデオプロセッサを搭載するほか、同社得意の電動スイーベル機能やSDカードスロットによる「Photoビューア」を盛り込むという。詳細は未定ながらも「6月頃の出荷を予定している」。

 日立製作所にプラズマパネルを供給している富士通日立プラズマディスプレイ(FHP)は2007年6月に42V型フルHD ALISパネルの量産を開始することを表明しており、今回の展示は計画が順調に推移していることを伺わせた。なお、FHPの新工場「三番館」(宮崎県国富町)では42V型/50V型のボリュームゾーンに生産を特化し、42V型の4面取り、あるいは50V型の3面取りを効率的に行える2020×1210ミリマザーガラスを導入する計画だ。

photophoto プラズマテレビ関連では、iVDR対応のプロトタイプも展示されていた

 一方、Blu-ray関係では、思わず目を見張る参考展示があった。ケース越しに撮影したため、あまりクリアに見えないかもしれないが、青紫のBlu-rayレコーダーだ。しかも光り輝くメタリック塗装である。

photo けっこうイケル

 外観は現行DVDレコーダーと同じカッティング・エッジ・デザイン。カラーリングのモチーフはBlu-rayの青紫レーザーだと思われるが、かなり大胆。同社によると、コンセプチュアルな試作機とのことで、製品化は未定という。ちなみにBlu-ray AssociationブースにはCEATEC JAPANなどで披露したブラックカラーの試作機も展示されていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.