ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年01月11日 18時59分 公開

JBL製ユニットを使ったiPod用スピーカー、ハーマンから

ハーマンインターナショナルが、iPod用の外付けスピーカーシステム「Go+Play(ゴーアンドプレイ)」を発表。定評のあるJBL製スピーカーユニットによる2ウェイ構成を採用。市場想定価格は5万円前後。

[ITmedia]

 ハーマンインターナショナルは、iPod用の外付けスピーカーシステム「Go+Play(ゴーアンドプレイ)」を1月下旬から発売すると発表した。価格はオープンで、市場想定価格は5万円前後。

photophoto

 75ミリ径ウーファーユニット「Atlasネオジウムドライバー」と、25ミリ径ツイーターユニット「Ridgeネオジウムドライバー」といった定評のあるJBL製スピーカーユニットによる2ウェイ構成を採用。同社独自の技術により、ワイドレンジでパワフルなサウンドを楽しめる。背面搭載のバスレフポートには、同社開発の“Slipstream”ポートデザインを採用。

 本体内蔵のアンプには総合120ワットのデジタルアンプを採用したほか、iPodを自然なサウンドで再生できるDSPも搭載した。各スピーカーユニットはデジタルアンプによるマルチアンプ駆動を実現。

 iPodとはDock接続のほか、搭載する3.5ミリステレオミニジャック入力を使用して第1/第2/第3世代iPodやiPod shuffleも接続が可能。また、ヘッドフォン出力を装備したポータブルオーディオやPCとの接続も行える。「iPodユニバーサルDockアダプタ」にも対応。

photo

 Go+Play本体の操作やiPodのメニュー操作が行えるワイヤレスリモコンを付属。リモコンはGo+Playの背面に収納可能。そのほかiPodの充電やPCとのデータ転送が可能なほか、映像出力(Sビデオ)端子も装備。電源はACアダプターと乾電池(単一形乾電池×8)の2電源に対応。乾電池を使用した場合の駆動時間は約8時間。

 サイズは480(幅)×240(高さ)×230(奥行き)ミリ、重さ約3.9キロ(本体のみ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.