ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年03月14日 18時48分 公開

オリンパス、世界最長録音可能な「Voice-Trek」新製品

オリンパスイメージングはICレコーダー「Voice-Trek」の新製品、「V-61」「V-51」を発売する。USB直挿しできるVシリーズの製品でV-61は約555時間という長時間録音が行える。

[ITmedia]

 オリンパスイメージングは3月14日、ICレコーダー「Voice-Trek」の新製品として「Voice-Trek V-61」「Voice-Trek V-51」を3月23日より販売開始すると発表した。搭載するメモリ容量以外の仕様は同一で、価格はオープン。実売想定価格は2Gバイトのメモリを搭載するVoice-Trek V-61が3万円前後、1Gバイトのメモリを搭載するVoice-Trek V-51が2万円前後。

photophoto 「Voice-Trek V-61」(左)、「Voice-Trek V-51」(右)

 USB端子へ直接接続できる「セパレート型デザイン」を採用するVシリーズの新製品。デザインは踏襲しながらも、基本性能を向上させた。2Gバイトの大容量メモリを搭載することで、モノラルで約555時間45分、ステレオでも約142時間5分の長時間録音が可能となった(いずれもLPモード時)。この録音時間はいずれも「世界最長」(同社)だ。

 録音モードはステレオXQ/ステレオHQ/ステレオSP/HQ/SP/LPの6種類で、録音されるファイルの形式はWMA。再生についてはMP3も扱える。ステレオXQモードでの録音では従来の100〜15000Hzを上回る、50〜19000Hzという広範囲な周波数帯域の録音が可能となっており、より高音質な録音が行える。また、DS-50/40にも搭載されている、空調機器などの動作音をカットする「ローカットフィルター」も搭載する。

photophoto

 適用できるのは再生時に限られるが、音声からノイズに相当する部分を推定して低減させる「ノイズキャンセル」、再生/早聞き/遅聞きの際に高低域をカットして肉声の聞き易さを高める「音声フィルター」といった機能も搭載されている。

 回路の見直しにより、省電力化も進められている。既存Vシリーズ製品より25%の省電力化に成功しており、単四形アルカリ乾電池1本で約21時間(モノラルLPモード時)の連続録音が可能。液晶サイズやボタン形状も見直しが行われており、操作性が向上している。サイズは94.8(高さ)×38.6(幅)×11(厚さ)ミリ、47グラム(電池含む)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.