ITmedia NEWS >
レビュー
» 2007年04月13日 17時29分 公開

レビュー:薄型なのに手ブレも広角もマクロもOK――リコー「Caplio R6」 (3/5)

[荻窪圭,ITmedia]
SCENEモードに顔認識を行う「フェイス」が追加された

 注目すべきは「オートリサイズデジタルズーム」機能。テレ端までズームして、さらにテレ側を長押しすると、自動的に画像サイズを落としたデジタルズームが働く(つまり、フルサイズの中央部を切り出す)。

 もうひとつ、マイセッティング登録機能も注目。そのときのセッティングをマイセッティングとして2つ記録できる。モード切替キーに「MY」が新設され、マイセッティングを登録しておけば、モード切替キーですぐそれを呼び出せる仕組みだ。

 円形十字キーは上がMODE(シーンモード時のシーン切替に使う)、下がマクロ、右がプレビュー、左がフラッシュ。

 フラッシュ発光モードには「ソフト発光」が追加された。フラッシュを弱めに焚く機能で、これを使えば白飛びを押さえたソフトな発光が得られる。

 2.7インチの液晶モニターは約23万画素。今回試用した機材では、やや色温度が高く(つまりやや青みが強く)表示される傾向があった。液晶モニターの色温度はもうちょっと上げて欲しいと思う。

 シーンモードはポートレート、フェイス(顔検出機能が働く)、スポーツ、斜め補正など全部で12種類。動画モードはシーンのひとつとして用意されている。

R5までは剥きだしだったコネクタもデザイン変更にともなってフタがついた
カーブしたシルバーのパーツは底面のデザインアクセントにもなっている

小型軽量で幅広く使える逸品

バッテリーとメディアスロット。バッテリーの持ちはなかなかよい

 重さはバッテリー込みで約160グラムと結構軽量で、バッテリーの持ちもCIPA規格で330枚となかなか多い。

 気になる画質だが、従来のCaplio同様にややデリケートで、ときおり不自然な色になるケースが見受けられたが、条件がいいとすごくきれいな描写を見せてくれる。全体にキリッとした絵。色もこってり乗せてくるタイプではなく、人物よりは建物やマクロ撮影が、室内より屋外の撮影が得意なカメラという印象。

 リコーといえばハイエンドコンパクトの人気モデル「GR Digital」であるが、レンズ性能も色の豊かさもGR Digitalの方がワンランク上。だからGR Digitalクラスの高画質を期待してはいけないかと思う。

 手ブレ補正の効果は、ざっと触った感じでは、もうちょっと効いてくれるとうれしいかな。

 それでも、もともと魅力的だった「全部入り」の高スペックに加え、サイズもデザインもスマートになり、性能でも見た目でも購入意欲をそそられるカメラに進化したのは確かである。何しろ近くから遠くまで、広角から望遠まで幅広く使えて、このスマートさなのだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.