ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年08月01日 17時42分 公開

エフ・イー・テクノロジーズ、240Hz駆動 FEDを開発

エフ・イー・テクノロジーズは次世代ディスプレイ「FED」について、従来機の4倍となる240Hz駆動を実現した。

[ITmedia]
photo エフ・イー・テクノロジーズが「国際フラットパネルディスプレイ展」(Display 2007)で展示していたFED試作機

 エフ・イー・テクノロジーズは8月1日、同社が開発を進める次世代ディスプレイ「FED」(nano-Spindt Field Emission Display)について、従来機の4倍となる240Hz駆動を実現したと発表した。

 240MHz駆動化にともなう情報量入力の増大に対応すべく、入力インターフェスを開発。直視型フラットパネルディスプレイとしては世界初(同社)の240Hz駆動を実現したという。

 試作機は画面サイズ19.2インチで、解像度は1280×720ピクセル。輝度は400カンデラ、コントラスト比は2万:1以上、階調数は1677万色などとなっており、8月7日より米サンディエゴで開催される「SIGGRAPH2007」で展示及びデモを行う予定となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.