ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年08月03日 18時46分 公開

三洋、パワーアップした“ウイルスウォッシャー”空気清浄機

三洋電機は、virus washer(ウイルスウォッシャー)機能搭載の空気清浄機「mistream」(ミストリーム)2機種を9月1日に発売する。

[ITmedia]

 三洋電機は8月3日、virus washer(ウイルスウォッシャー)機能搭載の空気清浄機「mistream」(ミストリーム)2機種を発表した。9月1日に発売する予定で、価格はオープンプライス。店頭では、上位モデルの「ABC-VW251」が5万円前後、一部機能を省いた「ABC-VW241」が4万円前後になる見込みだ。

製品型番 ABC-VW251 ABC-VW241
クリスタルホワイト パールホワイト、シャインブラウン
適用床面積(目安) 〜25畳(42平方メートル) 〜24畳(40
外形寸法 340(幅)×198(奥行き)×610(高さ)ミリ
重量 約8.2キロ 約7.1キロ
店頭価格 5万円前後 4万円前後
発売日 9月1日
photo 「mistream」(ミストリーム)

 三洋の「virus washer」技術は、水道水を電気分解して除菌効果のあるHCIO(次亜塩素酸)とOHラジカルを含む電解水を生成。これに空気中のウイルスが接触すると表面の“スパイク”(表面タンパク)が破壊され、感染力がなくなるという。

 新製品では、空気中に放出する電解ミストの発生量を従来比4倍にあたる“1時間あたり80ミリリットル”にパワーアップ(ABC-VW251)。従来機種に比べ3倍のスピードで除菌や脱臭を行う。一方、下位モデルのABC-VW241は1時間あたり25ミリリットルとなっている。

 また、3種類の特殊加工脱臭剤を組み合わせた「ナノアクト脱臭フィルター」を新開発。電解ミストとの相乗効果により、脱臭スピードを向上させた。なお、アンモニアやトリメチルアミンなどペット臭の成分にも高い脱臭効果を発揮するという。

 このほか、ABC-VW251にはホコリセンサー、ニオイセンサー、人感センサーの「トリプルセンサー」を搭載。室内の埃や臭いのほか、埃を舞い上げる原因となる人やペットの動きまでを検知し、いち早く空気清浄を開始するなどきめ細かい運転を行う。

関連キーワード

三洋電機 | 空気清浄機


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.