ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年10月17日 19時41分 公開

プラネックス、SDカード対応の車載FMトランスミッター

プラネックスコミュニケーションズはSDカードスロットを搭載し、MP3/WMAが再生可能な車載用FMトランスミッター「PL-FMT01」を発売する。

[ITmedia]
photo 「PL-FMT01」

 プラネックスコミュニケーションズは10月17日、MP3/WMAファイルの再生が可能な車載用FMトランスミッター「PL-FMT01」を11月上旬より販売開始すると発表した。価格は9800円。

 本体に2つのUSB端子(TypeA)とSDカードスロットを備えており、USB端子を備えたデジタルオーディオプレーヤやUSBメモリ、SDカードに記録されたMP3/WMAファイルをカーラジオで楽しめる。出力可能な周波数は76〜108Hz。

 MP3/WMAいずれも32〜320kbpsのビットレートに対応。 USBを利用してデジタルオーディオプレーヤーの充電も可能となっており、長時間のドライブでもプレーヤーの電池切れを心配することなく利用可能だ。

 本体とシガーライターソケットは可動式ジョイントで接続されており、サイズは40(幅)×148(高さ)×22(奥行き)ミリ、約65グラム。スピーカーなどが接続できる、3.5ミリステレオミニ出力も備えている。

関連キーワード

車載 | SDカード | トランスミッター


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.