ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年10月23日 18時32分 公開

ハードコートの2層DVD-R、ビクターが発売

日本ビクターは10月23日、8倍速対応の片面2層DVD-Rメディア新製品「DV-R215HS3」を発表した。録画用の片面2層DVD-R(DVD-R DL)にハードコートを採用したのは業界初という。

[ITmedia]
photo 「DV-R215HS3」

 日本ビクターは10月23日、8倍速対応の片面2層DVD-Rメディア新製品「DV-R215HS3」を発表した。価格はオープンプライスだが、店頭では3枚入りパックが2000円前後で販売される見込み。

 録画用の片面2層DVD-R(DVD-R DL)としては業界初のハードコート仕様。DVD-RWディスクの「HG」シリーズで実績のあるハードコートを施し、耐久性の向上させている。同社によると、コートなしのDVDメディアに比べてキズのつきにくさは100倍以上で、帯電防止効果も高いという。

 DVD-R for DL Ver.3.0/8X-SPEED DVD-Rfor DL Revision 3.0規格に準拠。もちろんCPRMに対応し、地上/BSデジタル放送のコピーワンス番組も録画できる。表面はインクジェット・プリンタ対応のホワイトレーベル仕様ワイドエリア(内径22ミリ〜外径118ミリ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.