ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年11月20日 15時31分 公開

東芝、REGZA「RF350」と「C3500」の番組表をバージョンアップ

東芝は、液晶テレビ“REGZA”のスタンダードモデル「C3500」シリーズおよび「RF350」シリーズの無料バージョンアップを実施する。これにより、両シリーズで「レグザ番組表・ファイン」が利用できるようになる。

[ITmedia]
photo 「RF350」と「レグザ番組表・ファイン」

 東芝は11月20日、液晶テレビ“REGZA”のスタンダードモデル「C3500」シリーズおよびスリムベゼルの「RF350」シリーズにおいて、無償バージョンアップを実施すると発表した。これにより、両シリーズで「レグザ番組表・ファイン」が利用できるようになる。

 レグザ番組表・ファインは1920×1080ピクセルのフルハイビジョン解像度を採用した番組表。文字の解像度が上がって見やすくなるほか、番組情報までラテ欄内に表示される。とくに37V型以上のフルHDモデルでは、番組表のドット・バイ・ドット表示が可能だ。

 バージョンアップは、11月26日からBSデジタルおよび地上デジタル放送を使って行われる。期間中、リモコンでテレビの電源をオフにしておけば、プログラムは自動的にバージョンアップされる。

関連キーワード

REGZA | 東芝 | 液晶テレビ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.