ITmedia NEWS >
ハウツー
» 2017年04月30日 07時30分 公開

ポケモンGOをやるならiPhoneかAndroidか スマホの違いを生かすテク3選 (2/3)

[牧田歩,ITmedia]

ポケモンの名前を自由に変えるならAndroid版がカンタン?

 手持ちのポケモンは、ニックネームを自由に変更できる。通常技とゲージ技の種類や攻撃、防御、HPの値を追記し、バトルのときに選びやすくしている人も多いだろう。

 そこで便利なテクニックの1つが、ポケモンの名前の先頭にカンマなどの記号を入れ、アルファベット順でソートした際に先頭へ来るようにするテクニックだ。任意のポケモンを探しやすくするには星マークを付ける方法もあるが、進化可能なポケモンを一時的にマークするなどの目的で使うことも多い。先頭に記号を付ける方法は、星マークと併用できるうえ、複数の記号を使い分けることで、任意の順序で並べられる利点がある。

 しかしiOSの標準ソフトウェアキーボードでは、ポケモン名はそのままにして先頭に記号を書き加えることができない。というのも、ポケモン名を表示しているテキストエリア内はバックスペースしか使えない仕様なので、先頭に文字を書き加えるためには、いったんポケモンの名前を全て消さなくてはいけないのだ。

 一方、Android(Google日本語入力)であれば、ポケモン名のテキストエリア内でカーソルの位置を自由に動かせるので、ポケモンの名前はそのままに、先頭にカンマなどの記号を自由に追加できる。普段iPhoneを使っている人は、ポケモンの名前のメンテナンスを行うときだけ、Androidで再ログインするというのもアリだろう。

 ちなみに、もう1つの方法として、iOSでサードパーティー製のキーボードアプリを利用する方法もある。例えば左右の移動キーを備えた「WordLight」を使えば、名前を消すことなく、カーソルを先頭に移動させて追記できる。ポケモンの名前を頻繁に書き換える人にとっては小技ながらも便利なテクニックなので、試してみてほしい。

Pokemon GO iOSPokemon GO Android iPhone標準のソフトウェアキーボードでは、ポケモン名の先頭に記号などを入力しようとすると、現在の名前をいったんバックスペースで消さなくてはいけない(画像=左)。Android(Google日本語入力)であれば、左右キーでカーソルを先頭に移動させられるので、カンマなどの記号を先頭に追加するのも楽だ(画像=右)
WordLight iPhoneもサードパーティー製のキーボードアプリであれば、Androidと同じような操作が可能な場合がある。これは「WordLight」を使った例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.