調査リポート
» 2007年11月01日 15時57分 公開

1位、2位が日産車――魅力を感じるクルマ東京モーターショー2007

認知率が9割を超えた東京モーターショー。自動車開発で期待しているのは「環境への配慮」が4割で、デザインや走行性よりも重視しているようだ。C-NEWS調べ。

[Business Media 誠]
最も魅力を感じる車

 「第40回東京モーターショー」が千葉県幕張メッセで開催(10月27日から11月11日)している。東京モーターショーで出展している35車両の中で、最も魅力を感じる車は日産の「ピボ2」が選ばれた。2位には同じく日産の「NISSAN GT-R」であることが、C-NEWSの調査で分かった。魅力を感じた理由としてピボ2は、「かわいい」「デザインが斬新」といった声が多かった。またNISSAN GT-Rは「かっこいい」「一度は乗ってみたい」など男性の意見が目立った。

 ヤフーバリューインサイトのC-NEWSは「第40回東京モーターショー2007」に関する調査を実施した。インターネットによる調査で、回答者は1000人(男性50%、女性50%)、調査日は10月27日。

東京モーターショーの認知率は9割超

 東京モーターショーが開催していることを「よく知っており、すでに出品車両などの情報を集めている」人は9%。「情報などは集めていないが、なんとなく知っている」の57%を合わせると、内容を認知している人は66%だった。「東京モーターショーという言葉は聞いたことがある」の28%までを合わせると、認知率は94%に達した。

最も魅力を感じる車に選ばれた日産の「ピボ2」

 東京モーターショーに「ぜひ行きたい」と回答した人は7%、「できれば行きたい」の24%を合わせると、来場を意向している人は約3割だった。年代別で見ると「ぜひ行きたい」「できれば行きたい」と回答したのは、20代が最も多く38%。東京モーターショーに行きたい理由として、「先進技術に触れたい」「車を見るのが好き」という声が目立った。さらに「NISSAN GT-Rを見たいから」など特定車種を挙げる人もいた。一方、行きたくない理由は「興味がない」「遠いから」「混んでいそう」といった回答が多かった。

自動車開発では「環境への配慮」を期待

 今後、自動車開発に期待したい点を聞くと「環境への配慮」が41%でトップ、次いで「安全性の向上」が26%となった。デザインや走行性、装備などよりも環境や安全性を求める声が多かった。

 あなたが考える理想の車については、「ゴミを燃料とした車」(学生・10代女性)、「空が飛べる車」(会社員・20代男性)、「水やソーラー電池でガソリン並みに走れる車」(専業主婦・30代女性)、「寝ながら目的地に行ける車」などの意見があった。

魅力を感じる車で2位となった「NISSAN GT-R」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -