連載
» 2012年02月15日 17時35分 公開

仕事をしたら“消費者”が見えてきた:エキナカ自販機の売上が、伸びている理由(前編) (6/6)

[土肥義則,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       
エキナカ自販機で販売しているミネラルウオーターは、どんな人が買っているのか

土肥:笹川さんのお話を聞いていると、少し心配になってきました。女性向けにペットボトルのカフェオレ。しかもサイズは小さめ。30〜40代の男性には、甘い果汁飲料がよく売れる。しかも夕方から夜にかけて。こうした情報を公表すれば、他社が「ウチも真似しようぜ」となるのでは?

笹川:マチナカの自販機は、基本的にさまざまなロケーションでマス層を相手に展開しているので、弊社のようなやり方を真似することは難しいかもしれません。自販機はスペースの関係上、限られた商品しか販売できません。「働く男性のために、果汁飲料を売ろう」といった一定層をターゲットにするのは、難しいかなあと思っています。エキナカという、恵まれたロケーションだからこそできると思っています。

土肥:同じ自販機でも、エキナカとマチナカでかなり違うようですね。

 次にミネラルウオーターがどのような人に買われているのか。またどのような時間帯・場所で買われているのか。アレコレ教えていただけますか?

続く

前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -