コラム
» 2012年09月21日 08時01分 公開

「のんびりゆったり」はローカル鉄道を潰す杉山淳一の時事日想(6/6 ページ)

[杉山淳一,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

 クルマの平均速度が最高で時速30キロメートルだとすれば、列車の表定速度はそれより10キロ以上高くしなくてはいけない。そのためには、列車は駅から出たら、次の駅までは可能なかぎり最高時速80キロメートル以上を維持する必要がある。鉄道事業者はそれをとっくに理解している。JRグループ以後の新型気動車はどれもパワフルで速い。室内も静かだ。実際に乗ってみると、電車にたいして遜色はない。

 「田舎の列車はのんびり走ってもいい」……その誤解はローカル鉄道を潰してしまう。「高校生やお年寄りが乗る列車は遅くてもいい」なんて発想は、鉄道を使わない施政者の思い上がりだ。交通弱者をバカにしている。ローカル線こそ新車の投入、線路の改良が必要だ。それができない鉄道路線は、残念ながら地域の人々に選ばれない。永遠に赤字を補てんし続け、税金の無駄遣いになり、誰も幸せになれない。本気で地域に鉄道を残したいなら、まずはスピードアップ。ローカル鉄道こそ列車を時速80キロメートルで走らせるべきだ。

前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -