ニュース
» 2014年05月26日 09時10分 公開

部下が指示を理解してくれないのは、あなたの能力不足かも?サカタカツミ「新しい会社のオキテ」(3/3 ページ)

[サカタカツミ,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

部下に勝手に期待するのは一度だけ、と決めよう

 何度も失敗しているのですから、細かく指示を出して仕事をさせる、もしくは、細かい指示を出さなくても仕事ができるように指導する必要がある、そんな部下に「そのくらい自分で考えなくてはダメだろう」という決めセリフを投げるだけで、放置している。もちろん、どちらにしても手間がかかることですから、時間も足りないのかもしれません。が、現状ではなにも変わらない。

 部下の成長を期待するのなら、上司は、それを手助けする必要があります。けれども、多くの場合、分かっている「はず」とか、できる「だろう」という上司の勝手な思い込みで、いろいろと不幸な出来事が起きてしまう。分かっている問題を見ないふりをしていても、なにも解決しないのです。

 相手、つまり部下に期待しすぎてはならない。こう書いてしまうと身もフタもない話です。寂しくも思います。

 しかし、何度もトライアンドエラーを繰り返して部下を育てられるほど、仕事に余裕がある環境にいる人は、残念ながら少ないでしょう。だとしたら「我が身かわいさ」で仕事をしてもいいはず。1度できなければ2度目は勝手に期待しない。そのシンプルな割り切りが、多くの仕事の進捗を妨げている原因を解消し、職場の人間関係によるストレスを軽減する可能性があるのですから。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -