連載
» 2014年08月21日 08時00分 公開

「カメムシ食え」高校球児のイジメ問題、高野連の闇臼北信行のスポーツ裏ネタ通信(4/4 ページ)

[ 臼北信行,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4       

高野連の「大甘体質と変なプライド」をどうにかせよ

 なるほど、確かにこの高野連には「大甘体質」がはびこっている。高校球界では、部員同士だけでなく、監督やコーチが「かわいがり」と称して部員に鉄拳制裁を加えるなんていうのも昔から日常茶飯事。パワハラや暴力指導が問題視されるようになった最近も、指導者が球児を鼻血が出るほどにぶん殴る、バットで尻をフルスイングで叩く(「“超”ケツバット」などと言われている)など、常軌を逸した指導法は高校球界から淘汰されていない。にも関わらず、こうした指導者の管轄組織である高野連は、問題の根幹部分にメスを入れようとしない。

 「高野連は高校体育連盟に所属していない独立組織。甲子園人気にあぐらをかいているばかりで、他のスポーツと手を取り合おうとせず“自分たちが日本の高校スポーツを支えている”というヘンなプライドを守るため躍起(やっき)になっている。これでは今の日本の高校スポーツ界で『何がよくて、何が悪いのか』を高野連が理解できるわけがない。これこそが大問題だ。そういう姿勢を高野連幹部が悔い改めない限り、高校球界から悪しき伝統はなくなることはない」とアマチュア野球関係者は警鐘を鳴らしている。

 高校野球の聖地 甲子園という華々しき舞台の裏側で、高校球児たちが目を覆いたくなるような暴力・イジメ行為にあっていることを決して見過ごしてはいけない。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -