連載
» 2014年08月22日 08時00分 UPDATE

杉山淳一の時事日想:都心〜羽田「JR東日本の羽田新線」、新案で再浮上する「やっかいな問題」 (2/6)

[杉山淳一,Business Media 誠]

羽田アクセス線のルートを確認する

 もう1つの懸案は「田町付近をどう処理するか」だ。羽田アクセス線は東海道本線と直通し、東京駅へ乗り入れる。さらに上野東京ラインを経由して、北関東、常磐方面とも直通できる。しかし、羽田アクセス線にする予定の休止貨物線と東海道本線の間には東海道新幹線がある。東海道新幹線はJR東海の管轄だ。羽田アクセス線と東海道本線をつなぐためには、新幹線をまたぐか、くぐらなくてはいけない。どっちだろうか。

photo 田町駅付近から南方向を臨む

 JR東日本の答えは「くぐる」だ。田町駅付近のどこかで、東海道本線の上り線と下り線の間に単線の線路を追加する。この線路は地下に潜り、新幹線の下を通って貨物線の廃線跡に顔を出す。ここからは休止中の貨物線を再整備する。東海道新幹線の大井車両基地からの入出庫線と並んで、鉄橋などが残っている。

photo 田町付近では東海道本線の上下線の間から単線で分岐させ、新幹線の下をトンネルで通り抜ける

 東海道本線との分岐点について、JR東日本は「京浜東北線、山手線、東海道本線の上り線の線路を移動して用地を捻出する」という。田町駅の北側には若干のゆとりがありそうだし、田町駅―品川駅間は新駅設置をともなう再開発が予定されている。山手線と京浜東北線の線路を移動する予定だから、これとセットで用地を確保するつもりかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -