ITmedia NEWS >
速報
» 2004年01月16日 19時25分 公開

火星探査機の着陸に合わせNASAがサイト開設

火星探査機「スピリット」の着陸で盛り上がる中、NASAは火星を紹介するサイト「M2K4: Roaming the Red Planet」を開設している。

[RBB Today]
RBB Today

 火星探査機「スピリット」の着陸で盛り上がる中、アメリカ航空宇宙局(NASA)は、火星を紹介するサイト「M2K4: Roaming the Red Planet」を開設している。

photo 「M2K4: Roaming the Red Planet」

 特にお勧めなのが「MULTIMEDIA」の「IMAGE GALLERY」にある火星の360度パノラマ写真だ。これは1997年に探査機「マースパスファインダー」が撮影したものだが、6222×1086ピクセルで約1.5MバイトとJPEG画像にしてはかなりの大きさ。写真には、火星の赤い大地や本体から切り離された移動式の探査機も写っている。

 ほかMULTIMEDIAでは、探査機の着陸のCG映像、スクリーンセーバー、壁紙がダウンロードできる。

 また、では火星の地図が描かれた「EXPLORE MARS」も用意されている。ここでは、火星の各所に付けられた地名をクリックすること詳細が読めるようになっている。

 米ブッシュ大統領は、月はもとより火星での定住計画を発表した。ひょっとしたら、数十年後には住むようになるかもしれない火星を今のうちにじっくりと見てはいかがだろうか。