ITmedia NEWS >
速報
» 2004年03月04日 17時57分 公開

ソフトバンクBB、阿多常務をセキュリティ責任者に 緊急対策を発表

[ITmedia]

 Yahoo! BBの個人情報盗難問題で、ソフトバンクBBは3月4日、情報セキュリティ管理責任者(CISO)に前マイクロソフト社長の阿多親市常務を任命するなど、3月末までに実施する緊急対策を発表した。

 阿多常務のCISO任命は、3日に発表した、第三者による個人情報諮問委員会設置に続く組織的安全対策の一環。また情報セキュリティポリシーを策定し、部門ごとに責任者を任命してポリシーの徹底を図る。

 さらに物理的・技術的な安全対策も強化する。情報システム開発業務は他業務と切り離し、個人データは一切使用せず、アクセスも不可能なエリアで業務を行わせる。また個人情報は高セキュリティエリアに分離し、入室にはCISOの承認が必要とした。高セキュリティエリアはインターネットと物理的に遮断、電子メールの送信や外部記録装置の持ち込みなどを禁止する。

 全ユーザー情報へのアクセス権限者はCISOが承認した3人に減らす予定。ユーザー情報は一部を暗号化、記録媒体へのコピーや印刷ができないよう、システム側で制限する。ユーザーデータベースへのアクセスログは半永久的に保存する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.