ITmedia NEWS >
速報
» 2004年03月18日 14時54分 公開

16倍速記録に対応のDVD用色素を開発 三菱化学メディア

三菱化学メディアは3月18日、最大16倍速記録に対応する追記型DVDメディア用感光色素を開発したと発表した。

[ITmedia]

 三菱化学メディアは3月18日、最大16倍速記録に対応する追記型DVDメディア用感光色素を開発したと発表した。

 開発した有機色素(アゾ色素)は、高感度化設計に加え記録マークのゆがみやマーク間の熱干渉を抑制してジッターを小さくした。同色素を使用することで、等倍速から16倍速まで対応可能な追記型DVDメディアを製造できる。

 現在、追記型DVDメディアは8倍速タイプが最高。16倍速ドライブは年内にも発売される見通しだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.