ITmedia NEWS >
速報
» 2004年04月20日 08時39分 公開

Sony Ericsson端末の出荷台数大幅増

全体的に好調な携帯端末市場にあって、Sony Ericssonの端末は、特にミッドレンジとエントリーレベルで強みを発揮。1〜3月期は過去最高の出荷台数に上り、前年同期比で63%増を達成した。

[ITmedia]

 Sony Ericssonは4月19日、2004年1〜3月期の同社携帯電話出荷台数が880万台に上り、前年同期比で63%増を達成したと発表した。

 同四半期の売上高は13億3800万ユーロで前年同期比66%増。税引前利益は970万ユーロ、純利益は820万ユーロで、いずれも前年同期の赤字から黒字に転じている。同社では、好業績の要因として、市場の好転と2003年に取ったリストラ策の貢献を挙げている。

 全体的に好調な携帯端末市場にあって、同社の端末は、特にミッドレンジとエントリーレベルで強みを発揮し、過去最高の出荷台数を記録したという。同社では、こうした状況を受け、業界全体の2004年世界携帯電話出荷台数予測を5億2000万台から5億5000万台に引き上げた。

 同社は1〜3月期、同社初のGSMメガピクセルカメラ付き携帯であるS700、また同社初の米EDGEネットワーク用Push-to-Talk対応製品Z500などを投入している。

 世界携帯電話最大手のNokiaも先日、1〜3月期決算の速報値を発表したが、Nokiaは、自社の出荷台数の伸びが業界全体の平均値を下回ったことを認め、シェアの下落を報告していた(4月17日の記事参照)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.