ITmedia NEWS >
速報
» 2004年04月23日 08時35分 UPDATE

MS、児童ポルノ対策へ寄付金

[ITmedia]

 米Microsoftは4月22日、オンライン児童ポルノ撲滅キャンペーンへの資金拠出を発表した。このキャンペーンは国際的な児童保護活動を展開するInternational Centre for Missing & Exploited Childrenが立ち上げたもので、慈善家のシーラ・ジョンソン氏とMicrosoftが50万ドルずつ、計100万ドルを寄付している。

 Microsoftのリリースによると、インターネットの児童ポルノは世界で深刻な問題になっており、2003年だけでも20万件以上が報告されている。米司法省の最近の調査では、10歳から17歳の子供のうち5人に1人が、性的行為勧誘の迷惑メールを受け取ったことがあるという。

 今回の寄付金は、児童ポルノ摘発に当たる捜査員の研修費用に充てられ、フランス、コスタリカ、ブラジルなどの各国で研修が行われている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.