ITmedia NEWS >
速報
» 2004年04月27日 08時32分 公開

HP、Efficeon搭載のブレードPC発売

Hewlett-Packard(HP)は、「HP Blade PC bc1000」を北米で発売。bc1000はTransmetaのEfficeon 8000プロセッサを搭載する。価格はブレード当たり820ドルから。北米以外の地域でも、追って発売するとしている。

[ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)は4月26日、「HP Blade PC bc1000」の北米での発売を発表した。これは同社が12月に発表していた製品で、HP Consolidated Client Infrastructure(CCI)ソリューションの一部として提供される。

 CCIソリューションは、データセンターに置かれるブレードPC、ネットワークストレージと、そこへ接続する端末で構成される。

 bc1000はTransmetaのEfficeon 8000プロセッサ、40GバイトのウルトラATA/100ハードディスク、1GバイトのDDR SDRAMを搭載する。価格はブレード当たり820ドルから。北米以外の地域でも、追って発売するとしている。

 HPによると、企業がPC 1台の購入から管理・保守に費やす金額は8000ドルにも上る場合がある。CCIソリューションの利用によって、PCのサポート費用は最大で年間1200ドル削減できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.