ITmedia NEWS >
速報
» 2004年05月06日 08時40分 UPDATE

MS、IronPortのスパム対策技術採用

米Microsoftは、MSNとHotmailでIronPort Systemsの送信者認証プログラム「Bonded Sender」を試験導入。Bonded Senderは、電子メールの送信者を認証し、あらかじめ登録された業者のみが大量のメール送信を認められるプログラム。

[ITmedia]

 米Microsoftは5月5日、スパム対策強化の目的で電子メールサービス企業IronPort Systemsの送信者認証プログラム「Bonded Sender」を採用、MSNとHotmailで試験導入の成果が出ていると発表した。

 Bonded Senderは、電子メールの送信者を認証し、あらかじめ登録された業者のみが大量のメール送信を認められる、いわゆる“ホワイトリスト”プログラム。これにより、スパム遮断ツールにありがちな適正な電子メールまで遮断されてしまうトラブルを防ぐことが可能だと説明している。

 送信者認証システムでは、メールを受信するネットワーク側のゲートウェイからシンプルなクエリを送り、プログラムに登録された業者のIPアドレスと照合する。Bonded Senderではインターネットサービスプロバイダー(ISP)や企業など受信側のネットワークにBonded Sender登録業者のIPアドレスを提供。受信側はこの情報を使って受け取った電子メールの出所を確認する。

 Bonded Senderプログラムの認証および第三者による監視サービスは、オンラインプライバシー管理企業TRUSTeが提供している。TRUSTeでは、スパム規制を目的とした米CAN-SPAM法の遵守など一定の要件を設定、この基準を満たした業者のみプログラムへの参加を認めている。参加が認められた業者は保証金を支払い、もしエンドユーザーからの苦情が一定の割合を超えた場合はその保証金から差し引かれる仕組み。

 「Bonded Senderは、優良な電子メール送信業者の基準を引き上げさせる効果のあるプログラムの一例であり、Microsoftのような受信者にとっては、消費者がリクエストした重要なメッセージを見分ける一助になる」。Microsoftのスパム対策技術担当ジェネラルマネジャー、ライアン・ハムリン氏はこうコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.