ITmedia NEWS >
速報
» 2004年05月19日 08時37分 UPDATE

AT&T、携帯電話事業再参入へSprintと提携

米通信大手AT&Tは、Sprintと提携してワイヤレス市場に再参入する計画。AT&Tは自社ブランドの携帯電話を傘下のベンダーを通じて販売できるほか、Sprintの既存のワイヤレスデータネットワークを活用し、これを基盤とした自社開発コンテンツなどを提供できる。

[ITmedia]

 米通信大手AT&Tは5月18日、Sprintと提携してワイヤレス市場に再参入する計画を発表した。年内をめどにAT&Tブランドの携帯電話サービスを、自社の加入者向けに提供する。

 AT&TとSprintは5年間の非独占契約を締結。契約金額は公表していない。AT&Tは自社ブランドの携帯電話を傘下のベンダーを通じて販売することが認められるほか、Sprintの既存のワイヤレスデータネットワークを活用し、これを基盤としてAT&Tが開発したコンテンツや付加価値型の通話サービス、VPNサービスなどを提供できる。

 AT&Tは市内/長距離通話プランやIP電話サービスなどと組み合わせて携帯電話サービスを提供する意向。さらに、家庭やオフィスでブロードバンド接続を利用してIP電話がかけられる無線LAN対応の携帯電話機投入も計画している。コンシューマーのほか、企業顧客向けにサービスの売り込みに当たる。

 AT&Tの携帯電話事業は、AT&T WirelessがCingular Wirelessに買収されたことで先行きが不透明になっていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.