ITmedia NEWS >
速報
» 2004年05月25日 08時06分 UPDATE

DCML 1.0フレームワーク仕様案リリース

[ITmedia]

 Data Center Markup Language(DCML)Organizationは5月24日、米ラスベガスで開催のcaworldで、ユーティリティコンピューティングの枠組みとなる仕様「DCML 1.0 Framework Specification」のドラフト版を公開した。www.dcml.org/specification.aspでダウンロード提供し、コメントを募っている。

 同仕様はデータセンター環境の主要コンセプトと用語を定義、DCML Working Groupはこれを使ってデータセンターコンポーネット/プロセスの定義に当たることになる。

 DCML Organizationでは、ストレージのSNIA、デスクトップのCIMなど、ITコンポーネントのインタフェース標準化に取り組む組織は多いが、すべてのIT管理システム間の情報共有と管理ポリシー成文化のための標準データフォーマットに対応し、自動化とユーティリティコンピューティングを実現する包括的仕様はDCMLだけだとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.