ITmedia NEWS >
速報
» 2004年05月25日 08時07分 UPDATE

ロスアラモス研究所でまたディスク紛失

[IDG Japan]
IDG

 核兵器開発の最前線に立つ米ロスアラモス国立研究所で、コンピュータディスクが紛失した。

 研究所の声明によると、スタッフが機密情報をチェックしていた際、機密扱いのリムーバブル電子メディアが一つ、本来あるべき場所にないことに気付いた。このリムーバブルメディアはCD、USBフラッシュドライブ、あるいはZIPタイプのディスクの可能性があるが、同研究所では「国家安全を脅かすようなものではまったくない」としている。

 ディスクが見つからないため、内容の確認は不可能。声明では「管理不行き届き、および低密度の磁気/デスクトップシステム利用の蔓延」があったと認めている。

 ロスアラモス研究所では過去にもHDDや、コンピュータ200台以上が紛失する騒ぎが起きている。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.