ITmedia NEWS >
速報
» 2004年05月29日 09時54分 UPDATE

VIA、COMPUTEXで家電向けの一連の製品披露へ

VIA TechnologiesはCOMPUTEX 2004で、家電向けのマザーボード「EPIA SP」を披露する。EPIA SPはVIA初のMini-ITX(17×17センチ)マザーボード。7〜9月期の初めに出荷予定。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 VIA Technologiesは台北で6月1日開幕するCOMPUTEX 2004で、家電向けのコンピュータマザーボード「EPIA SP」を披露する。

 EPIA SPは、CN400チップセットを組み込んだVIA初のMini-ITX(17×17センチ)マザーボードとなる。CN400はS3 GraphicsのProグラフィックスコア、MPEG2およびMPEG4ビデオ用のハードベースアクセラレーションを備え、HDTVをサポートしている。

 EPIA SPは7〜9月期の初めに出荷予定。VIAから今年下半期に登場予定のNehemiahコアをベースとしたプロセッサをサポートする。Nehemiahベースのプロセッサは90ナノメートルプロセスで製造され、VIAによれば1GHzのクロックスピードで消費電力はわずか3.5ワット。

 VIAは家電向けに、消費電力を抑えた小型の製品開発を進めており、COMPUTEXではEPIA SPのほかにも一連の製品を展示する。

 VIAのブースで展示予定の製品の一つが、Ministry of Mobile Affairsの携帯ゲーム機「Eve」。これはVIAの携帯ゲーム機用参照設計「Grace」を基盤としている。

 EveはPCゲームをプレイできる設計になっており、VIAのEden-Nプロセッサ(533MHz)とNano-ITX (12×12センチ)EPIA Nマザーボードを採用。4インチのTFT液晶、MicrosoftのWindows XP Embedded、VIAのCN400チップセット、HDD 20Gバイト、DDR SDRAM 128Mバイト、USB 2.0ポート2個、ホットスワップ可能で再充電できるリチウムイオンバッテリー2個、Compact Flash Type IIカードスロットを備え、無線LAN接続に対応している。

 Eveは単なる携帯ゲーム機ではない。基本的には小型のPCであり、保存したビデオやデジタル写真を見たり、USBキーボードやワープロを追加すればWeb閲覧などにも対応できる。価格と提供時期は公表されていない。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.