ITmedia NEWS >
速報
» 2004年06月11日 08時34分 UPDATE

米コンピュータ不正利用事件、減少傾向続く

[IDG Japan]
IDG

 Computer Security Institute(CSI)と米連邦捜査局(FBI)が6月10日発表したコンピュータ犯罪とセキュリティに関する調査報告書によると、昨年はコンピュータシステムの不正利用事件が減少、2001年以来の減少傾向が続いている。

 この調査は今年で9年目となり、今回は米国企業や大学、政府機関などのセキュリティ担当者494人から回答を得た。過去1年で自分の組織のコンピュータが不正利用されたことがあると答えたのは53%で、1999年以来最も低いレベル。組織にとって高くついた事件としてはサービス妨害(DoS)攻撃が筆頭に挙がったが、コンピュータへの侵入事件を捜査機関に通報した組織の数は減少している。

 コンピュータシステムへの不正アクセス減少に加え、自分の組織で昨年不正アクセスは1件もなかったとの回答が35%に上昇、マシンの不正利用があったかどうか把握していないとする回答は11%にとどまった。一方、自分の組織の無線LANが不正利用されたことがあると答えたのは15%に上っている。

 回答者から報告された過去1年のDoS攻撃による被害総額は2600万ドル。次に損害額が多かったのは知的財産情報の盗難で、報告された被害の総額は1140万ドルとなっている。

 上位12種類のセキュリティ問題を合わせた過去1年の被害総額は1億4140万ドルだった。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.